1. TOP
  2. ヘラシボリ
  3. ステンレス
  4. SUS5.0t

SUS5.0t

sus5.0tステンレス5.0tの絞りです。ステンレスは加工効果で硬くなってしまうので「絞り」と「焼き鈍し」繰り返しながら加工していきます。