1. TOP
  2. 技術紹介

技術紹介

金属へら絞り技術

ヘラシボリとは、板金加工の一種で型を旋盤に取り付け、回転させながら金属の板を型に合わせて加工していくものです。 身近なところでは、照明器具の反射板や灰皿等がありますし、ユニークなところでは、ロケットの先端部分やお賽銭をあげる時に鳴らす「鈴」等もあります。

今野工業(株)では 鉄、ステンレス、アルミ、真鍮、銅、パーマロイ等、さまざまな材質を扱っております。 また、製品の大きさは径で、φ5mmからφ1,500mmにまで、材厚は0.2mmから12mmに対応します。
さらに、板材からだけでなくパイプも鉸る事が可能です。これによりさまざまな形状に対応可能です。

加工可能製品形状

  • 最小ブランク径:5φ
  • 最大ブランク径:1500φ
  • 最大製品深さ   :400mm
  • 加工可能板厚   :
    • SPC : Max 10.0mm
    • SUS : Max 6.0mm
    • AL   : Max 12.0mm
これらの数値は基本的なものです。形状や材質によって異なってくることがあります。詳しくはお問い合わせください。

 ヘラシボリ写真ギャラリー    ヘラシボリ動画ギャラリー