1. TOP
  2. ヘラシボリ
  3. アルミ
  4. まずは、ねかせてから

まずは、ねかせてから

アルミ2.0tの絞りです。内外径のリミットがある品物なので板厚を保つため1工程目で材料をねかせます。シボリはじめの部分は薄くなりやすく反対に口元の部分は厚くなりやすいためです。ねかせて

2工程目では厚みを平均的に保ちながら絞ります。

板厚